一般社団法人 建築・住宅国際機構 (IIBH)

ISO/TC268 について

目的

TC268:持続可能な都市とコミュニティ

あらゆる規模のコミュニティの全体もしくはそれを構成する地区や部門等が、当該コミュニティの持続可能性や自己回復力(レジリエンシー)を高め、その到達状況を適切に表現することに資することを目的とする。
要件、ガイドラインおよびこれを表現する用語や手法の体型を策定対象とし、地域の特性に根ざし、包括的かつ部門・分野横断的なコミュニティにおけるマネジメントの標準体系であり、関連する既存規格や、アセスメント・パフォーマンス評価手法を含む。

現況(2022年3月現在)

TC268は、2012年にできた新しいTCで、TC268については当機構が、TC268/SC1ならびにSC2は日本規格協会(JSA)国内審議団体をつとめている。
赤字は日本が幹事国となって活動しているSCやWG
TC SC WG 名称 幹事国
268 - - Sustainable cities and communities(持続可能な都市とコミュニティ) AFNOR(フランス)
268 - CAG1 Chairman Advisory Group(議長アドバイザリーグループ) AFNOR(フランス)
268 - JWG1 Joint ISO/TC 268/ and IEC SyC Smart Cities WG: Smart Cities Reference Architecture (SCRA)' between ISO/TC 268 and IEC SyC Smart Cities(SCRAに関するJWG)2022.01設立
268 - TG1 Awareness-raising, communication and promotion() SCC(カナダ)
268 - TG2 Collection of cities good practices and needs() BSI(イギリス)
268 - TG3 Supporting the strategic positioning of ISO/TC268() BSI(イギリス)
268 - 1 Management System Standard(マネジメントシステム規格) AFNOR(フランス)
268 - 2 City indicators(シティインジケーター) SCC(カナダ)
268 - 4 Smart processes and operating models for sustainable communities(持続可能なコミュニティのためのスマートプロセスと運用モデル) BSI(イギリス)
268 1 - Smart community infrastructures(スマートコミュニティインフラ) JISC(日本)
268 2 - Sustainable cities and communities - Sustainable mobility and transportation(持続可能なモビリティ及び輸送) JISC(日本)

■取扱規格一覧

ISO/TC268の規格

関連リンク

■ISOホームページ(英文・仏文)

ページトップへ▲